04/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./06

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

犬に服を着せる 


2009.08.05
Wed
16:37

ブログタイトルをリニューアル後、第一発目の投稿記事

犬に服を着せる事という内容で書いてみようと思います。


さて、ここで質問です。

「あなたは愛犬に洋服を着せますか?」

「着せると答えた方、ではなぜ着せるのですか?」

小型犬のオーナーさんの中には「ファッション感覚」という方も多いのではないでしょうか?

それを全否定するわけではありませんが、犬は着せ替え人形ではありません

なので、どうせ着せるなら機能的に着せてもらいたいですね。


我が家の愛犬たちは、普段の生活で服を着ることはほとんどありません

でも全く着せない事もありません

ではどういったときに服を着せているのか・・・ココからが今日のお題


服を着せる場合の例題1

犬の体表は無数の皮毛で覆われています。

冬はフワフワのアンダーコートが生えて体温が逃げるのを防ぎます。

しかし、犬種によっては当てはまらないものもいます。


たとえばドーベルマンやダルメシアン、スムースコートのダックスやチワワ。

いくらアンダーコートが増えたからと言っても、やはり短毛犬種。寒さにめっぽう弱いです

こういった場合、身体を温めるための服は重宝します


服を着せる場合の例題2

上にも書いたとおり、犬の体表は無数の皮毛で覆われています。

夏はオーバーコートだけになり強い日差しから皮膚を守っています。

ではアンダーコートはどこへ・・・?夏の初めにごっそりと抜けるんです。

この時期を「換毛期」と言います。換毛期にはしっかりとブラッシングしてやって、

涼しく夏を過ごせるようにしてあげて下さい。


たとえ毎日しっかりとブラッシングをしていても、どうしても毛は落ちます

こういう時期に公共の場所(ドッグカフェや犬同伴OKの宿泊施設)へ出掛ける場合は、

毛を落とさないように心掛けるマナーとして服を着せる事をおすすめします


服を着せる場合の例題3

人間は暑さから身を守るために体中にある無数の汗腺からをかき、

汗が乾く時に一緒に身体を冷やすという機能が備わっています。

しかし、犬の体表に汗腺はなく(足の裏にあります)汗をかいて体温を下げる事ができません。

ここで服の登場

「暑がっている犬にわざわざ服を着せるのか??」と思われた方も多いはず。

もちろん、そのまま着せることはしませんではどのようにして着せるのか・・・

あらかじめ水に濡らした服を着せるのです

先ほども書いたように犬は汗をかけないわけですから、

「汗をかいて濡れている状態の服=あらかじめ水で濡らしてある服」

を着せてあげるのです。

そうすれば人間が汗をかいて、汗が蒸発する時に熱も一緒に発散してくれる機能「気化熱」

犬にも体感させてやることができます。


服を着せる場合の例題4

犬は怪我をした患部や湿疹が出ているところ、手術した直後の傷を気にして舐めてしまうことがよくあります。

舐める事でそこから雑菌が入ったり、傷がまだ引っ付いていないのに抜糸してしまうことも。

こういった場合にも服を着せておくことで防げる事があります。

ただしこの場合、傷や湿疹の状態によって服を着せる事が不向きな事があるので、

担当の獣医さんに相談してみると良いでしょう。


・・・いかがでしょう?少しは参考になりましたか?他にも機能的な使い道があると思います。

最初のほうでも書きましたように、犬は人間のための着せ替え人形ではありませんので、

ファッション重視で夏の暑い日に「革ジャン」みたいなものを着せたり、

必要以上の「重ね着」なんてことは絶対にやめてあげてくださいね


本家HP  ドッグトレーニング Whippy  もよろしく!!





スポンサーサイト

category: マメ知識

tag: ドッグカフェ      機能的 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 水遊び  | h o m e |  ブログタイトルを変更します »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://whippydogs.blog60.fc2.com/tb.php/36-965f1c35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。