07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

「叱らない」と「叱れない」は別物。 


2016.09.20
Tue
17:16

こんにちは、不定期更新ブログのお時間です(笑)

台風接近で大きな被害が出ているところもあるようですが、
お住いの地区は大丈夫ですか?不要な外出はなるべく避けてどうかご安全に。



「褒めてしつける」とか「叱らないしつけ」がもてはやされる一方で、
「叱れない飼い主」が急増中。。。

いま主流となっているのは「褒めてしつける」と言われる訓練方法。
もちろんウチも基本は「褒めて伸ばす」という方法を用いて訓練していますが、
けっして「叱らないしつけ」ではありません。
アカンことにはアカンっ!って言いますし、
時には一撃必殺・・・ってなこともあります。

実際に私のレッスンを受けていただいてる飼い主様は
この違いをよく分かっていただけているかと思います。

叱らずに済むのは犬が良くない事をしないからじゃなくて、
飼い主が如何に犬の行動に目を向けてやれているか?
が大きなポイントとなるわけで。

大体の飼い主は、
犬が飼い主にとって都合の悪い事をした時にはムキになって怒ってるけど、
飼い主にとって都合の良い事だったり、
なんなら犬が何もせずおとなしくしてる事に対しては
ホントに無頓着でほったらかし。めっちゃ褒めどころ満載やのにね。

悪い事してる現行犯で一回キッチリ叱ったら、あとは何もしない事を褒める。
犬にどうしてほしいかを伝えて、できたら褒める。この繰り返し。
これが「褒めてしつける」「叱らないしつけ」の基本。


さて、叱れない飼い主は大抵こう言います
『叱ったらかわいそう』
『きつく言ってこの子に嫌われたくない』・・・って。

叱れない人 → 中途半端に叱らずに怒る 
 → 犬が意固地になって余計にする 
 → 飼い主の手に負えない問題行動に発展 
 → 相談 →上記の言い訳。

でもね、一切叱らずに育てたら逆に問題行動は起こらんのですよ、実は。
問題行動の一番の原因は中途半端に可愛がったり、
怒ったりして犬に関わる事なんですよ。

叱れない飼い主さん、ご自身の犬と真剣に向き合えてますか?
スマホ片手に気が向いたときに犬に構ってませんか?
犬に対して後ろめたい気持ちがあるから真剣に叱れてないんじゃないですか?

犬を飼うってことは、その子の命を預かる事。
真剣に向き合ってたら、きっちり叱ることもできてくるし、
なにより叱る事より褒める事のほうがどんどん増えますよ。

楽しい Dog Life を応援します♪

スポンサーサイト

category: マメ知識

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

トゲトゲ、チクチクにご注意!! 


2012.05.23
Wed
00:39

珍しく更新が続いています(笑)

さてさて、今日はマメ知識のコーナーです




春から初夏にかけては気候も良く、
河川敷や公園で愛犬と遊ぶ機会が増えると思います。

下の写真のような、広くて一面に広がる草地なんて絶好の遊スポット!!

          120518_1415~01


・・・って、思いがちですよね。
実はこの草地の中に小さな魔物が潜んでいるんです。

いつもアスファルトの上で遊んでてもどうってことないのに、
草地の上だと急にビッコをひきだしたり、
犬の様子がおかしいなぁ~って感じたことないですか?

原因は犬の体に不調があるのではなく、草地の中にあるのです。

          120518_1414~02

メリケントキンソウ   (詳しい説明はこちら

120518_1411~01  120518_1414~01

外来種の植物で、花の部分にトゲがあり、
うっかりこの植物の上に手を着いたりするとめっちゃ痛いです(涙)
いつも裸足状態の犬の足にも全然やさしくありません。。。

近年、いろんな場所で繁殖を続けているなんとも厄介者。

お出かけの際には、犬も人も足元にご注意です。

category: マメ知識

tag: 河川敷 
trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

爪切り 


2011.04.28
Thu
23:00

          110428_2109~01

多くの犬が嫌がるであろう爪切り。

じゃあ、どうして爪切りは必要なのか?
スポーツドッグなど運動量の多い犬は走り回っている間に爪は削れますが、
室内で一緒に暮らす犬(特に運動が不足しがちな小型犬)は、
走り回ったりすることがないので、爪は削れず伸びてしまいます。
(散歩でグイグイ引いて歩く犬は削れる場合もありますが、狼爪は削れません。)

犬の爪は放置しておくとどんどん伸びていきます。
また、中の神経(血管)も一緒に伸びます。
伸びっぱなしにしておくと爪はパットに刺さったり、
カーペットなどに引っ掛けたりして折れてしまうことがあります。
爪だけが折れてしまうと、中の神経だけ剥き出しで、
ブラブラ~んってなることだってあります。
こうなってしまうと、重症です

怪我の防止のためにも、定期的に爪切りしてあげてくださいね。


本家HP  ドッグトレーニング Whippy  もよろしく!!

category: マメ知識

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

犬に服を着せる 


2009.08.05
Wed
16:37

ブログタイトルをリニューアル後、第一発目の投稿記事

犬に服を着せる事という内容で書いてみようと思います。


さて、ここで質問です。

「あなたは愛犬に洋服を着せますか?」

「着せると答えた方、ではなぜ着せるのですか?」

小型犬のオーナーさんの中には「ファッション感覚」という方も多いのではないでしょうか?

それを全否定するわけではありませんが、犬は着せ替え人形ではありません

なので、どうせ着せるなら機能的に着せてもらいたいですね。


我が家の愛犬たちは、普段の生活で服を着ることはほとんどありません

でも全く着せない事もありません

ではどういったときに服を着せているのか・・・ココからが今日のお題


服を着せる場合の例題1

犬の体表は無数の皮毛で覆われています。

冬はフワフワのアンダーコートが生えて体温が逃げるのを防ぎます。

しかし、犬種によっては当てはまらないものもいます。


たとえばドーベルマンやダルメシアン、スムースコートのダックスやチワワ。

いくらアンダーコートが増えたからと言っても、やはり短毛犬種。寒さにめっぽう弱いです

こういった場合、身体を温めるための服は重宝します


服を着せる場合の例題2

上にも書いたとおり、犬の体表は無数の皮毛で覆われています。

夏はオーバーコートだけになり強い日差しから皮膚を守っています。

ではアンダーコートはどこへ・・・?夏の初めにごっそりと抜けるんです。

この時期を「換毛期」と言います。換毛期にはしっかりとブラッシングしてやって、

涼しく夏を過ごせるようにしてあげて下さい。


たとえ毎日しっかりとブラッシングをしていても、どうしても毛は落ちます

こういう時期に公共の場所(ドッグカフェや犬同伴OKの宿泊施設)へ出掛ける場合は、

毛を落とさないように心掛けるマナーとして服を着せる事をおすすめします


服を着せる場合の例題3

人間は暑さから身を守るために体中にある無数の汗腺からをかき、

汗が乾く時に一緒に身体を冷やすという機能が備わっています。

しかし、犬の体表に汗腺はなく(足の裏にあります)汗をかいて体温を下げる事ができません。

ここで服の登場

「暑がっている犬にわざわざ服を着せるのか??」と思われた方も多いはず。

もちろん、そのまま着せることはしませんではどのようにして着せるのか・・・

あらかじめ水に濡らした服を着せるのです

先ほども書いたように犬は汗をかけないわけですから、

「汗をかいて濡れている状態の服=あらかじめ水で濡らしてある服」

を着せてあげるのです。

そうすれば人間が汗をかいて、汗が蒸発する時に熱も一緒に発散してくれる機能「気化熱」

犬にも体感させてやることができます。


服を着せる場合の例題4

犬は怪我をした患部や湿疹が出ているところ、手術した直後の傷を気にして舐めてしまうことがよくあります。

舐める事でそこから雑菌が入ったり、傷がまだ引っ付いていないのに抜糸してしまうことも。

こういった場合にも服を着せておくことで防げる事があります。

ただしこの場合、傷や湿疹の状態によって服を着せる事が不向きな事があるので、

担当の獣医さんに相談してみると良いでしょう。


・・・いかがでしょう?少しは参考になりましたか?他にも機能的な使い道があると思います。

最初のほうでも書きましたように、犬は人間のための着せ替え人形ではありませんので、

ファッション重視で夏の暑い日に「革ジャン」みたいなものを着せたり、

必要以上の「重ね着」なんてことは絶対にやめてあげてくださいね


本家HP  ドッグトレーニング Whippy  もよろしく!!





category: マメ知識

tag: ドッグカフェ      機能的 
trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。